Up date:2018/02/07(水) 09:40

スポーツチームへの協賛は、ただ認知度を上げるというだけでなく、

企業のブランディングにも貢献します。

 

この度、ダイセル様ガンバ大阪はダイヤモンドパートナー契約を締結。

ライズ広告社は両者の橋渡しをしました。

 

2018年シーズンよりダイセル様はガンバ大阪様の新ユニフォームの鎖骨部分のスポンサードを開始しました。

 

 

鎖骨部分に“DAICEL”のロゴが入った、2018年シーズンのユニフォーム。

 

 

 

ダイセル様は大阪を創業の地の1つとする化学メーカーです。

来年で創立100周年を迎えるというタイミングで、

地元大阪のクラブチームであるガンバ大阪様のダイヤモンドパートナーになりました。

 

 

1月20日、契約締結の記者発表が行われました。

ダイセル・福田眞澄代表取締役専務執行役員と、ガンバ大阪・山内隆司社長。

 

地元クラブチームをサポートする企業として、ブランド力向上、認知拡大に取り組みます。

 

 

ライズ広告社では、その他、多種多様のスポンサードを推進しています。